リノベのコラム

ロボット掃除機が通れる高さはどのくらい?家具やソファの高さを考える。

ロボット掃除機の高さ

せっかくロボット掃除機を購入するなら、くまなくキレイにしてもらいたいものです。ただ低いソファーの下や狭い家具の隙間など入れない場所があります。

あまりにも入り組んだ隙間は、あきらめるとして、ソファや脚付きの家具の下くらいは、何とかならないかなと思います。

要はロボット掃除機が入れればいいわけです。では、ロボット掃除機が入れる高さってどのくらいなのでしょうか?

ロボット掃除機の高さは?

有名なロボット掃除機と言えば、ルンバが浮かびます。代名詞と言ってもいいほどです。

ルンバの場合、大体の機種が9.2㎝までの高さで収まっています。これなら床から10㎝くらいの高さがあれば、入りこめそうです。

ロボット掃除機の高さはどのくらい

その他にも、色んな、ロボット掃除機メーカーがありますので、参考までにまとめておきます。

メーカー名シリーズ名高さ
アイロボットルンバ8.7~9.2㎝
パナソニックルーロ9.2(ミニ)~9.9㎝
エコバックスDEEBOT9.3~10.35㎝
アンカーEufy Clean7.3㎝
アンカーEufy RoboVac7.2~10㎝
アイライフ7.6~9.5㎝

やはり、一部の機種を除いては、10㎝以下のものがほとんどです。どのメーカーも、このサイズを目掛けて作っているものと思いますが、本体上部にセンサー突起があるものは、やや高めになってしまうようです。

家具を選ぶ時のポイント

ソファ_脚の高さ

最近では、ルンバブルという言葉があるくらい、ルンバ優先の生活になりつつあります。

ちなみに、ルンバブルとは、「Roomba」+「able(可能にする)」という言葉を掛け合わせた造語です。ルンバが動きやすい(掃除しやすい)環境にするという意味です。

ロボット掃除機が動ける範囲が広がれば、それだけ掃除してくれる範囲も広がるわけです。

以前はラグやカーペット、部屋と部屋の段差などに極端に弱かった印象ですが、それも改善され2cm程度の段差なら問題なくクリアできるようになっています。

ただ、本体の大きさはより小さな隙間には、物理的に入ることができません。

幅に関しては、40㎝程度。高さに関しては、上に書いた通り10㎝程度の隙間が必要なようです。

ルンバブルを実現するなら、家具は10㎝以上の高さの脚が付いているものが良いということです。

特にソファの下などは埃がたまりやすい場所です。人が掃除機をかけるにも、屈まなければらなかったりして大変です。そこは、適切な隙間をあけてロボット掃除機に頑張ってもらいましょう。

家具に脚を取り付ければ問題なし

もし、使用している家具やソファーの下に、ロボット掃除機の入る隙間が無ければ、隙間を作れば良いだけです。

ホームセンターやIKEAなどで、ビスで簡単に取り付けられる脚金具を売っています。これを使ってかさ上げすれば、問題ありません。

もともと、脚のついていない家具にも、ビスが効くものであれば取付けられます。ちょっと脚を付けるだけで、イメージチェンジにもなります。

まとめ

初代のルンバの大きさは、幅34㎝・高さ8.7㎝でした。今のものと比較すると、やや小さく収まっています。

最新版は、少し大きくなったわけですが、その中身は、吸引力の強化・掃除時間の延長・各種センサーによる制御など、機能は格段にアップしています。

そんな大幅なバージョンアップにも関わらず、どのメーカーも、できる限りの小型化を推し進めているのです。

特に高さに関しては、10㎝というところが、1つの閾値になっているかと思うので、さらに新しい機種が発売されても、サイズオーバーしてくることないように感じます。

今後、家具の購入に関しては、脚の長さ10㎝以上というのが、ポイントとなりそうです。

RELATED POST
洗濯物の重さ_アイキャッチ リノベのコラム

ランドリー用 シーリングハンガーパイプには、どのくらいの洗濯物が掛けられる?洗濯物の重さ。

リノベーションの部品倉庫 stock-rooms ストックルームズ
ランドリーハンガーや、室内物干し台など、洗濯物を干すようなものには、大体の場合、使用荷重が設定されています。 安全に使用するには、使 …