リノベのコラム

リフォームとリノベーションの違いは?同じようで結構違う言葉の意味。

最近、よく聞くリノベという言葉。
リフォームの事を、今っぽい言葉で言っているだけだと思っていませんか?

でもそれ、同じ意味ではないのです。では、リフォームとリノベの違いって何なのでしょう。

リフォームとは?

リフォームは、簡単に言うと、老朽化した部分の修繕・回復を目的としたものです。

たとえば、外壁の塗り替え・壁紙や床の貼り替え・水回りの補修など、古くなった部分を、直したりキレイにする事がリフォームにあたります。

特に、キッチンやトイレなどの水回りは、年数を経れば、新しくする必要にせまられると思います。トイレやお風呂だけの設備更新も、リフォームとなります。

工事としては、比較的小規模なもので、新しい設備を入れたことで、利便性は向上しますが、ライフスタイルが変わるような劇的な変化はありません。

間取りや、配管設備を移動する事もありません。居心地は旧来のまま、設備だけ更新するイメージとなります。

リノベとは?

リノベは略語で、正式にはリノベーションと言います。

リフォームが、修繕や回復が目的だったのに対し、住居の性能・デザイン・価値を向上させる事がリノベーションの目的です。

リフォームが、もとあった状態に戻す作業だとすれば、リノベーションは、使いやすさや住みやすさを改善するため、プラスの機能を加えたものだと言えるかと思います。

たとえば、子供の自立にともなって間取りを変更したり、キッチンをアイランド型にしたり、古民家を改修したりするのも、リノベーションにあたります。

リノベーションでは、間取りの変更など、一般的には、工事の規模が大きくなる事が多いです。

そのため、リフォームとリノベの違いを工事規模の差と説明しているところも多いですが、当サイトでは、小さなDIYであっても、施工前よりも機能やデザイン改善がされているものであればリノベーションであるととらえています。

リフォームとリノベどっちがいい?

もちろん、人それぞれの考え方もありますが、単純に考えた場合、現在の住まいに満足している方は、リフォームが良いと思います。

普段使っているモノや場所がキレイになるだけで気分が上がるはずです。

逆に、2部屋を大きなLDKにしたいとか、キッチンの場所自体を変更したいなど、間取りに不満がある場合は、リノベーションが良いでしょう。

リノベーションには、戸建てなど、建築方法によっては、耐震の問題で抜けない壁や柱もありますが、ライフスタイルに合わせた家に変えていくという楽しみもあります。

どちらにするか迷ったら、リフォーム会社に相談してみるのが良いでしょう。また、リフォームだけ業者に委託して、小さなDIYでリノベを楽しむという方法もあることも、お忘れなく。

RELATED POST
水回り_ハウスメーカーモデル_アイキャッチ リノベのコラム

キッチン・トイレ。カタログ未掲載で、ショールームにも展示無しの品番があります。

リノベーションの部品倉庫 stock-rooms ストックルームズ
ハウスメーカーで家を建てる時・リフォームする時。 キッチンやトイレなどの水回りには、各ハウスメーカーの標準品とされるセットがあります …
尺モジュールとメーターモジュールの違い_アイキャッチ リノベのコラム

尺モジュールとメーターモジュールはこんなに違う。9㎝の差は大きな差になるのか?

リノベーションの部品倉庫 stock-rooms ストックルームズ
住宅を作る時、モジュールという単位を使用します。建築図面の1マスがこの単位にあたり、基本的に柱や壁の位置は、このマス目に沿って決められてい …