DIYでリノベ

棚受けの適性な長さは?棚受けと棚板のバランスを考える。

棚受けを選ぶ時に、デザインとともに悩むのが、棚受けの長さだと思います。

すでに、取り付ける棚板の奥行が決まっている場合、棚板に合わせた長さの棚受けを選ぶ必要があります。棚板に対して、短かすぎれば、強度が低くなりますし、長過ぎれば、不格好になってしまいます。

何事にもバランスが重要です。この記事では、適切な棚受けのバランスを考えてみたいと思います。

棚受けの選び方を考える

大体の場合、棚を取り付けたい場所とのバランスを見て、棚板を選ぶのが先だと思います。さらに、棚受けとのバランスを見て、棚受けを選ぶような手順ではないでしょうか?

棚受けを選ぶ時に、デザインは重要な要素ですが、それだけで選んではいけません。

棚に載せるものの想定の重さや、そのために必要な棚受けの長さを適切に選びましょう。

棚受けの耐荷重を考える

棚受けは、種類や長さによって、耐荷重が設定されています。

ホームセンターであれば、商品のタグに記載があると思います。ネットショップの場合は、商品情報を確認してください。(一部商品には耐荷重設定がないものもあります。)

その数値をもとに、取付ける棚に、何を載せたいか・何キロ位載せたいかによって適切に選んでください。

注意点として、耐荷重は、各メーカーでの試験結果を安全係数で割ったものです。試験条件の詳細は書いてありませんが、壁面に確実に固定されている事や、棚受けの取り付け間隔、荷重をかける位置などメーカーごとに、条件が違いますので、目安としてとらえるのが良いでしょう。

棚受けの長さを考える

棚受けの長さは、長いほど棚板を先端まで支えられるので安定しますが、長すぎると見た目のバランスが悪くなります。

一般的に、棚板の奥行の2/3以上の長さの棚受けを使えば強度的に安定すると言われているで、この数値を目安に棚受けを決めます。

例えば、奥行き300mmの棚板を使用するのであれば、300×2/3=200mmとなります。
この場合、200mm以上の長さの棚受けを使用すればよい事になります。

最低でも2/3の長さは必要
棚受けが長い場合

また、長い棚受けを使用する場合は、棚板の先端から20mm程度は引っ込むように設定するのが良いと思います。棚受けの先端が見えすぎるとキレイに取り付ける事ができません。

棚受けの取り付け幅を考える

耐荷重が問題なければ、棚の幅を広くしても理論上問題ありませんが、ここで問題となるのは、棚板のタワミです。

想像してみてください。棚板が厚く頑丈なものであれば、棚の中心に荷重をかけても、気になるタワミがでることはないでしょう。

ただ、薄い棚板を使用した場合は、どうでしょう?。棚板の幅が広くなればなるほど、タワミは発生します。

棚板とのバランスを見て、幅が広すぎるようであれば、真ん中に棚受けを追加するようにしましょう。

これは、個人的な感覚ですが、棚受け左右2本で取り付ける場合、450mm程度が適当かと思います。

棚板を取り付けるのに重要な事

耐荷重のところでも、書きましたが、メーカーの試験条件として『壁面に確実に固定されている状態』というのがあります。

棚受け自体の強度が高くても、取付けが確実に行われていないと、表記の耐荷重がでるはずもありません。

確実に取り付けるには、取付ける場所の壁の材質を見て、取付けビスを選ぶ必要があります。壁の材質によっては、棚受け付属のビスだけでは、取付けできない場合もあるので参考に書いておきます。

  • 12mm以上の厚さの木質の壁 ⇒ 付属のビスだけで取付けできます。
  • コンクリートの壁 ⇒ コンクリート用アンカーとビス
  • 石膏ボード ⇒ 石膏ボード用アンカーとビス

特に石膏ボードは、柔らかい材質です。適切に石膏ボード用アンカーを使用しても、棚受けの耐荷重は、石膏ボードアンカーの耐荷重に依存してしまいます。

まとめ

棚受けを選ぶ時は、デザインだけではなく、耐荷重・長さ・取付け本数に注意しましょう。また、確実に取り付ける事も安全上重要になります。

家に取り付けるものなので、長く美しく使えて、満足感の高いDIYにできたらいいですね。

● この記事に関連する商品

ブレース棚受け_アイキャッチ
閉じた時にバタつかない折りたたみ棚受け_アイキャッチ