脚金具

高さ調整のできるテーブル脚

長さの調整できる脚金具_アイキャッチ

大体のテーブルは高さが決まっているものです。日本では、天板の高さが700~730mm程度に設定されているものが多いですが、これで、みんなが満足するわけではありません。

長身の人もいれば、子供もいる。それに座る椅子の違い・作業の内容でも適正な天板高さは違ってきます。

それに、成長に合わせてとか、年齢を重ねていく段階でとか、ライフスタイルで変わっていく場合もあります。

子供が使うのであれば、低学年から大人になるまで、段々と必要な高さが変わってきます。そのたびに、机やテーブルを買い替えるのは効率的ではありません。

高さが調整できるテーブル脚があります。

例えば、天板の高さが自由に変えられるテーブルがあったらどうでしょうか?高さを変える事ができれば、成長に合わせて買い替える必要もありませんし、食事とパソコン作業で高さを変えるなんてこともできてしまいます。

高さ調整できるテーブル脚は、それを実現するためのパーツなのです。

高さ調整のできるテーブル脚は、脚自体の長さを簡単に調整できるテーブル脚です。もちろん、高さ調整に工具は不要です。

正直、普通の脚と比べて、価格は少しだけ高いかもしれません。でも、これからの利便性と長い間使用できることを考えれば、選んでおいて間違いないモノだと思います。

高さ調整は、こんな感じで簡単です。

高さを変える作業は、1分もかかりません。脚部の長さは、最短570mm~最長770mmまで。20mmピッチ10段階の調整が可能です。

上げる場合

アジャスターを足で押さえながら上に持ち上げます。カチカチとノッチ音がするので適当な高さで止めます。

下げる場合

天板を上まで持ち上げきると、ロックが解除され、下げる事ができます。

DIYでも取付けできます。

お気に入りの天板があれば、それに脚を取り付けるだけで、高さの調整できるテーブルが出来上がります。

取り付け方は、簡単です。天板に、1本の脚につきビス4本で固定します。ビスは付属していないので、6mm径のタッピングビスのトラス頭などを使用してください。

天板の割れが心配な場合は下穴をあけてから取付してください。

アジャスターが標準で付いています。

脚部先端には、アジャスターが付いています。床に凹凸があって、テーブルがガタツク場合には、ここで調整します。約20mmの高さ調整が可能です。

ご紹介の商品は、こちらで購入いただけます。

高さの調節ができるテーブル脚

70-503 ブラック
調節幅:570~770mm
耐荷重:200㎏/本

70-504 シルバー
調節幅:570~770mm
耐荷重:200㎏/本

高さの調節できない固定タイプもあります。

70-501 ブラック
調節機構無し
耐荷重:400㎏/本

70-502 ブラック
調節機構無し
耐荷重:400㎏/本

 ご注意ください 

  1. 高さを調整する際天板が傾きますので、天板上に何もないことをご確認の上調整してください。

 ご購入方法 

商品は、当サイトのショップページ(stock-rooms shop)から購入いただけます。

お支払いは、銀行振込・クレジットカード・コンビニ支払い・Amazon Pay・後払い決済・携帯各社のキャリア決済に対応しています。

stock rooms category

棚受け
フック
脚金具
パイプパーツ
取手・つまみ
塗料・塗装具